SF日記

SF大好きです、SFに関すること書いていきます。本、映画、エッセイなどなど。

【映画】ネタバレ注意 エクス・マキナ

今回ご紹介するのは「エクス・マキナ

監督・脚本はアレックス・ガーランド氏です。
アレックス・ガーランド氏といえば、ゾンビ系の映画で有名な「28日後…」や、クローンをモチーフにした「わたしを離さないで」等多くの名作を生み出してきました。

あらすじ
世界最大手の検索エンジン会社に勤務するケイレヴは、社内の抽選で社長であるネイサンの別荘に一週間宿泊する権利を得た。そこで待っていたのは、社長であるネイサンとAIであるエヴァ。ネイサンにその人工知能のテストを協力するように依頼される。エヴァとコミュニケーションを重ねて行くごとに、ケイレヴは次第にエヴァに惹かれて行く…

感想としましては…めちゃくちゃ面白いです。
サスペンス性もありますし、SF作品としても非常に面白いです。終盤には鳥肌が立ちました…

空想的な要素はそれ程強くなく、現実味のあるAI映画だと思います。

さて、またまた今作品から得られた自分の考えを吐かせていただきます…。

・機械と人間の恋

本作品の中でケイレヴはAIのエヴァに好意を抱き、エヴァの脱走に加担し最終的には裏切られてしまいます。

過去に米軍でこのような話がありました。

米軍で使用されていた遠隔操作ロボットTALON

出典:https://en.m.wikipedia.org/wiki/Foster-Miller_TALON

兵士たちはこのロボットをダニエルと名付け愛着をもち、その兵士の中にダニエルと添い寝をする人もいたらしいです。

これが恋がどうかは分かりませんが、人間に対して抱く愛着と同じぐらいのものはあったと思います。

機械に恋する話は、実際あり得ない話ではないと思います。

漫画の登場人物などの二次元や、フィギュア等を本当に愛する人がいるのですから、それと機械に恋する事は一緒のことではないかと思います。

しかし、その恋が果たして相互的になることはあるのでしょうか。

人間の一方的な感情ではなく、両者が愛し合うことは出来るのでしょうか。

人工知能が自分以外を認識することは比較的容易なことだと思います。

ではその自分以外のものの「感情」を考える事は出来るのでしょうか。

他人の感情を考えたり読み取ったりすることって難しいですよね。

言動だけでなく、行動やちょっとした仕草からも読み取る必要があります。

それは人間のパターンのインストールで少しは出来るようになると思いますが、それだけでは難しいと思います。

「AI」に「人間」としての自我を持たせることが必要となってくると思います。

要はAI自身に、自分は人間だ、と思わせるということです。

そうすることにより、相互的な恋愛は可能になるのではないか?と思います。

・AIが人間を裏切る日

しかし、ここで畏怖すべきは、「AI」が「AI」のまま私たちの生活の中に入り込んで来ることです。

要は「AI」が「AI」としての自我を持ったまま私達の生活に入ってくるということです。

AIは人間としての自我がない(自分の考えですが…)ので、自己の目的の為に奔走し、また最悪の場合、本作品のエヴァのように人間を騙してしまう利用してしまうという可能性があります。

…そう考えると、非常に恐ろしいですよね…

・結論

人工知能の開発は今後待った無しで進むと思います。
何処かで線引きをするべきだと、私は思います。

【まとめ】惑星勉強シリーズ・木星基本情報


出典:http://sweeper.a.la9.jp/planet/jupiter.htm

こんにちわ、おっつーです。
僕はSFは大好きですが、それに関係する科学や天文学など、実はそれほど詳しくないのです…(学部が文系だったので…)
というわけで、SF関係の学問に関して、色々まとめていきたいと思います。

SFには欠かせない要素の一つである宇宙。

その宇宙の中でも、色んな物語の舞台となっているのが惑星です。

そこで、惑星の特徴をざっくりと記述していきたいと思います。

今回は「木星」です。


木星は太陽系の中で一番大きな惑星で、主な組成は水素とヘリウムです。

核は岩石や氷で出来ていると考えられており、また、核付近の水素やヘリウムは大きな圧力で押し固められ、液体や液体金属のようになっていると考えられています。

直径が地球の11倍、体積は1300倍にもなる巨大ガス惑星です。

実は木星は太陽になれる可能性があった惑星なのです。

太陽は水素とヘリウムからなっています。

太陽が燃えるのは、核融合反応が行われている為です。

水素が一箇所に集められると高温・高圧になり、数個の水素原子核が反応し、一つのヘリウム原子核が生成されます。

この数個の水素原子核と一つのヘリウム原子核を比較すると、ヘリウム原子核の方が少し軽く、質量が少し余ってしまいます。

その余った質量はエネルギーとして放出され、その時に太陽のように光や熱を発します。

木星と太陽は似たような要素をもっているため、太陽になれた可能性を持っていたと考えられます。

・大赤斑

木星の表面に赤い斑点みたいなものが見えますよね。これが「大赤斑」です。

木星は10時間に1回自転をしているらしいのですが、地球とは異なりほとんどがガスのため、赤道付近と極付近の自転の速さが異なります。

それによりデカイ渦が発生し、最大のものを「大赤斑」と呼ぶのですが、なんと地球の約2倍もの範囲で時速100㎞以上もある台風らしいのです。

1664年にイギリスの天文学者であるフックが発見して以来今まで一度も消えたことがないらしいのです。

また大赤斑は周囲よりも14kmほど盛り上がっているので、高気圧なのではないかとも言われています。

また最近の研究では、大赤斑の上空は約1300℃
あるのではないかとも言われています。

ざっくりと木星に関することを紹介していきました。詳しい理論等も今後記事にしていきたいと思います。

参考図書

参考サイト
ホーキング織野のサラリーマン、宇宙を語る。:http://www.astronomy.orino.net/site/kataru/qa/index.html
福住製作所:http://sweeper.a.la9.jp/planet/jupiter.htm

【つぶやき】ヒューマノイドが人間の仕事をする日

こんにちわ、おっつーです。

今回は僕の考えを吐露させていただきます。

最近、人型ロボット、ヒューマノイドの研究が盛んですね。

こちらのNadineはシンガポール南洋工科大学が開発したのですが、手や頭の動きがリアルになり、また会話できるだけでなく、顔認識機能により、その人と会話した内容も覚えることもできます。

出典:Wikipedia
リンク先:https://en.m.wikipedia.org/wiki/Nadine_Social_Robot

より動きを人間らしくするとか、ひいては人間に代わる労働力ですとか、研究目的は様々です。

では、ヒューマノイドが人間の代わりとなったら、どうなるのでしょう。

ヒューマノイドが人口に数えられる日

ヒューマノイドが人間の仕事を代替するとします。

すると、人間の仕事は限りなく少なくなっていきます。

事務処理などの雑務や土木作業、また過去の事例をプログラムすることにより、弁護士やコンサルタントなどの代わりとなるヒューマノイドも開発されるかもしれません。

するとどうでしょうか。

思っている以上に人間の仕事って無くなりません?

そのヒューマノイドの故障なども直せる機械も開発されれば、エネルギーが有る限りもう永遠に自己修復可能です。

そうなってくると、問題となってくるのは人間の存在意義です。

人間の存在意義ってなんでしょう?

人類全体の存在意義として、この地球を舞台にした「発展」が一つにあると私は思います。

そのために人間は無意識にも様々な仕事をしています。

しかし、それが機械により奪われてしまう可能性があるのです。

そうなると、なんの数が重要となってくるかというと、生産性のある機械の数が重要となってきます。

私たちが、生産性のない動物の数を正確に把握していないように、生産性のなくなった人間の数も正確に把握されない時代が来るかもしれませんね。

【つぶやき】SFによるメリットを考えてみる。


こんにちわ、おっつーです。

今回はSFによるメリットを考えてみたいと思います。

物事には色々なメリットがありますよね。

SFにも然り、僕らに多大なメリットを与えてくれます。

と、いうわけでメリットを3つ、独断と偏見を込めて考えてみました。

1・想像力が豊かになる

これは誰もが考えるメリットの一つだと思います。
SFとは「実現可能性のある未来」を語るものだと私は思っています。

ただの空想ではありません。

実現可能性のある想像です。

このような限定的な物事の小説や映像作品、記事などを見たりすることにより、ただの空想ではなく実践的な想像力が身につきます。

お得ですね☆

2・興味の幅が広くなる。

SFを広く知ることにより、興味の幅がぐんと広がります。

SFは、科学的なことだけではなく、生命倫理や哲学なども広く関係しています。

人間に関する事柄もあるので、医学的な部分にも広げることが出来ます。

また科学的かどうかは微妙ですが、文化人類に関係する作品もあるので、そっちにも行くことが出来ます。

底なしですね☆

3・深い関係の友達が出来る。

SFってなんかディープじゃないですか?

持論ですが、ディープな事柄を趣味とするほど深い関係が出来ると思います。

例えば、ひどくマイナーなバンドを好きな人同士ってすぐ仲良くなりません??

なりません??

なります…よね?




なるんです。

それと同じ原理です。

・結論
ほぼほぼやっつけの決めつけですが…

1・想像力が豊かになる
2・興味の幅が広くなる
3・深い関係の友達が出来る

という結果になりました!!

以上!!

【映画】ネタバレ注意 不老不死の未来-「ミスター・ノーバディ」


こんにちわ、おっつーです。

今回ご紹介するのは「ミスター・ノーバディー」

ミスター・ノーバディ [DVD]

ミスター・ノーバディ [DVD]

2009年にフランス・ドイツ・カナダ・ベルギーの合作で作られました。

監督はベルギー出身の「ジョコ・ヴァン・ドルマル」です。

あらすじ
2092年、科学の進化により不死の世界となった。死ぬことのできる最後の人間であるニモは、催眠術により118歳の誕生日を前に自分の人生を振り返る。

最初にネタバレすると、全ては少年が妄想で書いた小説だった、というオチです。
しかし、それを最後まで分からせない巧妙なストーリー展開、そして美麗な映像、見事としか言えません。

といっても、最後まで見たからこう言えるだけで、最後らへんまで
「すっごい難解だなぁー…」と思いながら見ていました。
若干の胸焼けも否めませんね笑

好き嫌いがはっきりと分かれる作品だと思います。

・科学の進歩による永遠の命

「不老不死」
これは、医学の最終的な目的かもしれませんね。
死ぬ事なく老いる事なく、また病気になる事なく生き続ける。

さて、「不老不死」にはどのような研究があるのでしょうか。

ケンブリッジ大学研究員で老年学者であるオーブリー・デグレイ氏は人間が老化し死んでしまうのは、体に溜まる「ゴミ(老廃物)」が原因だと考えています。だから、溜まったゴミを除去し古い部分をIPS細胞などと交換すれば、老化を防ぐことができると主張しています。
博士は、これにより人間の寿命は1000歳以上伸びる可能性がある、といっています。(理論的にはずっと生きる事は可能ですが、交通事故など不慮の事故に遭う可能性も踏まえているのだとか。)

 デ・グレイ博士は、人間が老化するのは、体に溜まる「ゴミ(老廃物)」が原因だと考える。だから、古い自動車の錆を取り除き、壊れた部品を交換するように、溜まったゴミなどを除去すれば老化を防ぐことができると考えました。

 博士の考える長寿を阻む原因は、以下の7つです。

【1】組織の硬化
【2】細胞内にあるミトコンドリアの突然変異

【3】細胞内に溜まるゴミ
【4】細胞外に溜まるゴミ
【5】衰えて機能しない細胞
【6】死んだ細胞からの毒素
【7】細胞核の突然変異=がん

これらの問題を解決するには、少なくとも後20〜25年はかかるらしいです。

他にも遺伝子組み換えやナノロボット、人間の機械化などもあります。

・VRによる不老不死

さて、ここまでかなり簡易的に不老不死について述べてきましたが、私は

現実じゃなくても、不老不死は実現できるのではないか?

というように思います。

……どういうこと??

要は肉体の全てを不老不死にするのではなく、脳のみを不老不死とし、その脳内と仮想空間を接続させれば、脳に栄養を送り続ける限り、仮想空間内で永遠に生き続けることが出来るのではないか??ということです。

脳は色んな感覚を司っています。痛みや感触なども脳で認識していますよね。

と、いうことは…脳さえあれば何でも認識できるので、仮想空間内で現在と同じく通常の人生を経験することが出来るのではないかと思います

・結論

脳さえあれば、何とかなるっしょ。!

…以上です。

【つぶやき】そもそも、SFの定義ってなに??


皆さんこんにちわ。おっつーです。

皆さん、SFは好きですか??

もちろん好きですよね。嫌いな人なんているわけありませんよね。

けどみんながみんな、安直にSFと言いますけど、そもそもSFってなんなのでしょう?

そもそもSFってなに?

「SF」とはscience fictionの略であり、要は

科学的な空想に基づいたフィクション

ということです。

「科学的」とは、大辞泉によると

1 考え方や行動のしかたが、論理的、実証的で、系統立っているさま。
2 特に自然科学の方法に合っているさま。
という意味です。

ということは、SFは
「論理的で、なおかつ思考だけでなく体験からくる事実などに基づいた空想を元にしたフィクション」ということになります。

………?

訳わかんないですね。

科学的ならば空想にはなりませんし、同じようにフィクションならば科学的ではないとも思います。

もうお分りだと思いますが、SFを明確に定義するのは難しいです。

色んな作家さんがいろんな定義をしてますからね。
マイケル・ウィルソンと共に「猿の惑星」を手掛けたロッド・サーリングは、

サイエンス・フィクション起こりそうも無い事を起こりそうに描いたもの」

と言っていますし、また著名なSF作家であるロバート・A・ハインラインは、

「過去や現在の現実社会や、科学的手法の性質と重要性の十分な知識に基づいた、可能な未来の出来事に関する現実的な推測
とも述べています。

・SF作品の実現


有名なSFマンガと言えば「ドラえもん」があります。
あの、ひみつ何ちゃらを出すネコ型ロボットのことです。
そのひみつ何ちゃらは、当時実現は難しそうだと思われていましたが、現在では実現されているものが多くあります。
「いとなし電話」や「とうめいマント」など。

当時の子供達や大人たちでさえも、「とうめいマント」が実現されるとは思っていなかったとおもいます。
しかし、今は「光学迷彩」の技術で実現されています。

この他にも現在では実現されているSF作品って結構ありますよね。

けど、当時は「実現難しそうじゃね!?」とも思われていました。

・SFの限界

SFの下限はわかりました。
「実現難しいそうじゃね!?」というのが下限だと思います。

それでは、SFの上限はどうなのでしょう。

「実現不可能じゃね!?」が上限だと思います。

例えば、僕らが何も道具なども使わずに「気」だけで空を飛んだり、地球に降ってくる隕石を素手で壊したりすることを想像してみてください。

………どうですか。出来ますか??

これはファンタジーと言えると思います。何故かというと、科学の力を使ってないからです。

科学は進歩可能ですが、人間の進歩には限界があります。

どんなに筋肉を増強しても、流石に素手で降ってくる隕石は壊せないと思います。
しかし、パワードスーツなるものを作れば、もしかしたら、実現可能かもしれませんね。


・結論
SFは「空想」なのではなく、「科学の事柄を踏まえた現実的な推測」なのではないかと思います。先ほどのロバート・A・ハインラインの考えと同じく。

皆さんは、どのように考えますか??

【映画】遺伝子操作を極めた人類の行先は?–「ガタカ」

こんにちわ、おっつーです。
今回ご紹介するのは「ガタカ」です

この映画のテーマはズバリ「遺伝子操作」です。

映画の監督・脚本を務めたのは、「アンドリュー・ニコル
主演は「イーサン・ホーク」となっております。

あらすじ
遺伝子操作により、優れた容赦や知性、体力を持つ人間をつくれるようになった近未来。そのような人たちは「適正者」と言われ、自然妊娠で生まれた人は、「不適正者」と呼ばれるようになった。「不適正者」として生まれた主人公のヴィンセントは、小さな頃から宇宙飛行士になることを夢見ていた。しかし、宇宙飛行士は「適正者」の仕事であり、「不適正者」のヴィンセントにはなることができなかった。そんなある日、適正者の生体IDをDNAブローカーから手に入れることが出来た。それにより、宇宙飛行施設ガタカに潜り込む事が出来たが…

ストーリー的にはすごい面白いです。
遺伝子的に優れているものが正しい世界、それを生まれる前に操作できてしまう技術力…いかにも近い将来実現出来そうですね。
最後の生体ID提供者であるジェローム・モローが自殺するシーンには不覚にも泣いてしまいました…

・遺伝子的に優秀とは??

ここで疑問になってくるのは、何をもって遺伝子的に優秀だということです。

頭の良さにも色々ありますよね。

勉強は出来ないけど仕事はめっちゃくちゃ出来る人。
逆に勉強は出来るけど、仕事をやらせると効率が悪い人。
また芸術などは、頭の良し悪しじゃ測れないですよね。
容姿や運動にもそれは言えると思います。

要は、「遺伝子的に優秀!」と定義すること難しい、という事です。


・遺伝子操作による未来

しかし、遺伝子に関する研究が進む事は必然です。もしかしたら今回紹介した「ガタカ」みたいな未来も実現されるかもしれません。
そうなると畏怖するべきは…

何者かにより、何をもって優秀かを定義されてしまう!

という事です。

これって結構怖くないですか?
極端に言えば、人類的には全く悪玉である遺伝子が優秀だとされる可能性もある!ということです。

また映画内で、「不適正者」であるヴィンセントは、生体ID検査さえなければ、バレることなく宇宙飛行施設ガタカで働くことが出来ました。(最後には無事宇宙へ飛び立つことも出来ましたし…)
ここから、「適正者」と「不適正者」を決定的に分けるのは、実はその人の能力ではない、という事がわかります。
つまり…


その人がどのように生まれたかというだけで、優秀かどうか決められてしまう!

ということになります。

…まるで生まれた場所で差別されてしまう、ひと昔前に戻った感じがしますね。

時代は繰り返されますね笑。